恋ノチカラ第1話ダイジェスト
>恋ノチカラは大好きだけど いまだ第一話を見た事がないorz

との声があったので作ってみました。
ってオレは暇人か?
深津絵里だけで十分ドラマになるような気がして来た???




大きな広告代理店に勤めるとーこさん。夜はテレビを見ながらワインにおかしで夜更かし
職場では庶務課で何となくな毎日、上司にイヤミを言われつつ使いっぱなお仕事。
でもこんな雪のように白くキレイな人ウチの会社にはいません。他の会社にもまずいません!


パシリで他の部署に行く途中、かつて聞いた事のあるフレーズが聞こえて来た
「あ"〜ッ!間違えた〜。あったかいの嫌いなんだよ」
声の主はこの会社のエース貫井のものだった
ある思い出がよみがえる(ほぁんほぁんほぁんほぁん〜)


「これでよくクリエイティブとして入社出来たな!」
クライアントの社名を間違えると言う致命的なミスを犯し超怒られるとーこさん
そんなときに「あ"〜ッ!間違えた〜!」
貫井の声だった


「でもデザインは悪くないな」貫井にフォローを入れてもらい
自分がパッケージデザインしたと言うブロックスをもらう。
ときめき状態のかわいいとーこさん


(ほぁんほぁんほぁんほぁん〜)と現実に戻るとーこさん
雲の上の存在の貫井との唯一の思い出をかみしめる
超かわいいです。


キョンキョン(再現フィルム)と30過ぎの負け犬談義で盛り上がるとーこさん。
どう見ても負け犬には見えません。かわい過ぎ!

あるとき貫井が会社と衝突。ついに独立を決行する。
自分を慕っていた若手の木村引き抜きとともに会社を立ち上げる。
が、そーごの出した条件が「事務所におねーちゃんがほしい」


とのことで貫井がカノジョならいいと言った本宮籐子を木村が飲み屋でくどく
あこがれの貫井からヘッドハンティング?訳も解らず呑みまくると−こさん


安定した会社を辞める決心をし貫井企画にいったとーこさん
しかし、ここでも「あ"〜ッ!間違えた〜!。女の名前なんかいちいち覚えてられっか!」
と適当でぶっきらぼうな貫井を見る。
「冗談じゃない!そっちから誘って来て会社を辞めたのに!」居座るとーこさん


貫井企画に初仕事が入ってくる。喜んで貫井とそーごに伝えるとーこさん
「楠文具店の求人広告です〜」
「求人広告〜?おまえ適当にやっとけ!」
独立後も最大のクライアントとなってくれる会社の企画書作りで求人広告など相手にされない
貫井にかなり幻滅のとーこさん。

そんな貫井企画、しかし挨拶に行く先々で仕事は断られてしまう。
最後には会社時代の最大のクライアントからも...
業界に逆らった自分が甘かったと諦め気味の貫井
そんな時とーこに営業の吉武から会社に戻って来れるよう私がなんとかしようと声を掛けられる。


楠文具店の仕事を終え貫井企画を去る事を伝えにきたとーこさん
そーごに自分の仕事に対する熱い思いを語っている所を目にする。
会社に戻る事を伝えると貫井は巻き込んで済まなかったととーこさんに謝る。
口は悪いが根は熱くていい人のようだと思ったとーこさん


翌日会社に戻る手続きをしに来たとーこさん
なんと貫井企画を潰しに掛かっているのは自分を会社に戻そうとしている吉武と悟る!
茶色の瞳が良い!(木村佳乃の黒い瞳もよい!)


慌てて会社を飛び出し再び貫井企画に戻るとーこさん
そこには自暴自棄になっている貫井が
「ウチの事務所は終わったんだ!」


「終わってないわよ!まだ、始まってもいないじゃない!」
ハッ!
ってな感じでこのドラマ名物の「とーこさん天然ギレ?」でエンディング。
ここから奇跡の物語(まぁドラマなんで(^^;))が始まるのです。
[PR]
by komupi | 2005-02-16 01:29 | 映画・ドラマ


<< Music Band Fonts iTunes 携帯発表 >>