これからのPowerPC Mac
Appleがプロセッサを移行するにあたって
ハードウェアの販売減はもちろん織り込んでいるだろうけど
今までと違うのはiPodという資金源がある訳で
移行するにはいいタイミングだったと思います。
それにしても2年は長い。この間をどうつなぐかが問題ですね。
と、今回のWWDCで一番みんなが納得いっていないのが新しいハードウェアの発表。

特にPowerBookが宙ぶらりんですね。
PowerBookは周期から言うとあと二回のPPCのバンプアップのあとにIntelの投入でしょうか?
PowerMacに至ってはあと2年後なので3、4回のアップデートをしないとまずいと思います。
IBMがそこまでつきあうかどうか?

ところでインテルのプロセッサに移行で一番腑に落ちないというか
ツッコミたくなるのがそのスピード
アップルはPowerPCの優位性を説いて来たのだけれど
同社のベンチマークをまともに受けると今回のペンティアムマックP4/3.6GHzは
現在のハイエンドPowerMacG5/2.5GHz/Dualと比べると
3Dでは1/2、音楽では1/3程度のパフォーマンスでしかないという事です。
つまり2年後、最新のマシンを買ったところで現在のハイエンドと大して変わらない下手すりゃ遅くなっている
なんてな事がこのベンチマーク信じちゃえば起こりうる事なんですね。
Appleがこの整合性を説明するのは相当難しいですね。
(ヨソが説明するのは簡単よ、そんなのインチキだって言えばいいんだから(笑))
このページはWebアーカイブで保存しておきましょう(^^;)


この話しとそう関係ないんだけどIntelそのものが壁にぶつかってる事実もあるんですよね。
そろそろ周波数は頭打ちでデュアルコアに移行してる。これはPPCも一緒だし。
同じくロックだったらば絶対にPPCの方が速い!とマックユーザーは信じているのだが
悲しいかな同じクロックになった事がない(笑)。G3とPenIIの時一瞬あったかな?
モバイルペンティアムが評判いいらしいのですが
PB12インチユーザーの自分から言わせればPowerBookにそんなにG5が必要か?
って思ったりもします。G4のデュアルコアとか出れば面白かったのにね。
PowerBookG5を所望してる人たちってきっと速いマシンが欲しいんじゃなくて新しいマシンが欲しいんだと思う
ま、それはそれで正解なんだろうけど
[PR]
by komupi | 2005-06-08 00:12 | Mac


<< ANAの制服10人分なくなる ... iTunes Music St... >>