ある意味ゲーム脳? 脳活性化ソフト
ついに買ってしまいましたNintendoDS
しかもポケモンセンターの限定モデル
ミュウエディション

何を隠そうポケモンセンター限定モデルを買うのは3台目なのですが
(横のSPはアチャモオレンジ。夏休みに姪っ子が来るから取り上げられるでしょう(笑))
当人がポケモン好きという訳でもなく(つうかろくに見た事もゲームした事もない)
単に、限定とかあたらしものとかが好きなだけです。
DSを買う目的は
東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング(なげぇな正式名称)で普段使っていない脳を鍛えることです。
同時に似たようなソフトわらかあたま塾を買ってみる。あきらかにおっさん買いである。

さて、裏面を見ると「脳活性化ソフト」とある。
すごいですね、新ジャンル誕生ですよ。これがやってみるとDSである事が自然に受け止められる
と言うのはインターフェイスを含めたゲームデザインが秀逸(特に大人のDSトレーニング)
2画面とタッチパネルがゲームをこんなにしちゃうの?と感動すら覚えます。
無理に無駄に2画面、タッチバネルじゃなく、
このインターフェイスじゃないと成り立たないよなと思えてしまうところがスゴイ。
(さらに音声入力や無線ダウンロード、対戦もある!)
DSはゲームをやる人が買うって言われるけどホントそう思いますね。

で、最初のテストで脳年齢が37歳とかなりショッキングだったのですが
あとでやり直したら25歳になってました。
とりあえず37歳で始めてこれから毎日鍛えよう。

だけどボクの書く数字の"5"がなかなか認識してもらえず計算がちょっと辛いんだわ
昔は公文式とか行ってたんだけどね、でもそんなに速くはないんだけど
一応系でいうと理系です、ハイ。(笑)

こんな記事も
ソフトが活況、携帯ゲーム機 ニンテンドーDSとPSP
[PR]
by komupi | 2005-07-10 00:12 | デザイン


<< iPod shuffle用Ha... こんなのあり? デザインバーコ... >>