佐野元春とSME
ついにiTMS-Jで佐野元春の楽曲が発売されましたが
佐野元春と言えばEPIC・ソニー!と誰もが?知ってました。
正直ボクにとっては昔のなつかしいミュージシャンの一人だったのですが
もちろん立派に活動を続けていた訳で、
そんな中、コピーコントロールのあり方についてSME (ソニーミュージックエンタテインメント)との衝突があり(それだけでもないようですが)
自分でレーベルを立ち上げたそうです。

そんな一端がわかるお知らせページがありました。
「in motion 2003 - 増幅」の発売にブレーキ

「ライブの模様を完全収録した「in motion 2003」はトータルで69分あり、通常のCD仕様では1枚のCDで収録できるところ、コピープロテクトを適用すると技術上の理由から最大64分58秒までしか収録できず、2枚組みに分割された体裁での発売になるとのこと。」

「作品の意図に沿った発売形態をもう一度探りたいとし、一時的な発売の保留も視野に入れてメーカーとの協議にはいった。佐野元春は「待望しているファンに申し訳ない」と語った。」

とんでもない話しだしアーティストと音楽を楽しむ人たちをナメてます。
だから、「何を使って聴くかは個人の自由。聴く人がいるところには僕の音楽を届けたい」
という発言に繋がったんでしょう。
自分の曲を作品としっかり言えるミュージシャンを支持したいですね。

残念ながらSME時代の佐野元春の歌は(まだ?)自由に買うことができません。


好きな曲は
クリスマス・タイム・イン・ブルー
約束の橋
ヤングブラッズ
ワイルドハーツ

おぉ、NO DAMAGE IIを買えば全部手に入る(笑)
NO DAMAGEは当時、化け物アルバムだったんだよな
[PR]
by komupi | 2005-08-17 16:32 | iTunes


<< 今週のiTunes Music... iTunes Music St... >>