ブラウザー世界シェア、マイクロソフトが「独り負け」
Excite ニュース ブラウザー世界シェア、マイクロソフトが「独り負け」

米ネットアプリケーションズ社は14日(米国時間)、8月分のブラウザー世界シェア調査を発表した。首位の『インターネット・エクスプローラ』(IE)が86.31%に減少した(前月は87.20%)一方、2位の『Firefox』(ファイヤーフォックス)は8.27%(同8.07%)となるなどライバルが軒並み増加、IEは「独り負け」となった。


つうか単なる数字のマジックとも取れるし
86.31%ってやっぱバケモノだよ。

最近仕事以外ではめっきりIEを使わなくなったなぁ仕事でもレイアウト確認するだけだけど
メインはsafari、たまにFireFox
[PR]
by komupi | 2005-09-18 03:40 | Mac


<< Apple Codenames レンタルとiTMS-J その2 >>