デザイナーは喧嘩師であれ
ナナオ、デジタルチューナ/HDMI/i.LINK搭載の26型液晶テレビ
−スタンド一体型「FORIS.TV」新モデル。19型も発売
(AV Watch)


ボクの尊敬する喧嘩師でありデザイナーである川崎和男氏が
「FORIS.TV」新モデル発表会で吠えています。

家電量販店でのテレビの展示について、「こんな汚いところでテレビを買うのは難しい。自分が作ったモノが赤札張られるのは、我慢できない。今の大画面ブームは間違えている」と批判。

「こんな汚いところで、日本人はおかしなぐらい買っている」と、現状を憂いながら、「ラスト・サムライならば、日本人らしさを身につければいいのに、しっぽなんか付けるか? 映画を見るならプラズマです? ふざけんな」と厳しく批判。さらに、プラズマテレビについては、「赤色が暴れており、近赤外線が出ている。これは子供の成長阻害の要因になる。明らかに健康上の懸念がある。それを女優がしっぽ振って売っているのは許せない」と非難。

すんばらしい!
プラズマの絵って苦手なんですよね。液晶ももっさりしてるんだけど。

しっぽ振ってる女優
[PR]
by komupi | 2005-10-17 21:21 | デザイン


<< ネットカフェで集団結核 川崎市... (日本での)CM曲王 >>