生まれて初めてカメラ雑誌を買ってしまった
デジイチを買ったとは言え
用語を含めよく解らないので
「New EOS kiss Digitalの使い方」という本を買ってみました。
初心者のためのと書いてある。
まぁこの手の本はオーディオなんかに凝った時に買っているので
”同じにおい”はするんだけどなんか売り場に鉄道写真とか並ぶとドン引き(鉄道大嫌い。)
いろいろ知った事もあったけれどどっぷり浸かりたくもないなというのが正直なカンソウです。

「肌の色を出すためにレフ板を当てて光を調節しましょう。」
みたいな事を平気で書いていたりしますが
お前ら、デートや旅行に行って自分の彼女や家族にレフ板当てるバカがどこにいるんだ!
レフ板が要らなくてキレイに撮れる方法を説明せんかい!
と、常人にはかなりイッてる世界にマジ切れ寸前です。

とにかく自然の摂理と道具の特性をハンドリングしていい結果を得る
といった世界は面白いと思う。
まだまだこれからですな。

まだまだな例

何げに水槽の魚を撮るのってムズイです。




曇っていてやや逆光な状態
とはいえ自分のデザインが被写体に出来るってのもいいモンです。

[PR]
by komupi | 2005-10-31 00:59 | 写真


<< ちょっと早めに「生まれ来る子供... あなたのblogの資産価値は? >>