お正月のCM曲とか
正月のCMでやたら目立つのが(関東枠)
長澤まさみのカラリオと
東京ガスの信長&妻夫木(このCMおもろい!)
お詫び広告を解いた松下D-snapと
お正月を写そうのフジカラー
そして東京電力のエコ

んで、前々からやろうと思っていましたが一応ツッコんでおきましょう。東京電力
その素朴で美しいメロディからかBilly JoelのPianoManをCM曲として使用していますが
内容は前にも書いた通りピアノバーで働くピアノマンから見た視点の歌で
様々な人々の人生模様を描写しているので出てくる人は基本的に酔っぱらいです(笑)
なのでエコとはほど遠い内容の歌なはずなんですが...

今回の30秒CMで使われているパートの歌詞は

Now Paul is a real estate novelist
Who never had time for a wife
And he's talkin' with Davy, who's still in the navy
And probably will be for life

And the waitress is practicing politics(でフェードアウト)
適当に意訳すると
ポールは本当に立派な小説家だ
一生結婚する事はないだろう
彼と話しているデイヴィーはまだ海軍にいる
おそらく一生を海軍に捧げるだろう

そして、政治学を勉強しているウェイトレス...

どうせなので続きを書くと
As the businessmen slowly get stoned
Yes, they're sharing a drink they call loneliness
But it's better than drinkin' alone

ゆっくり酔いつぶれるビジネスマン
そう、彼らは孤独という名の酒を共有して飲んでいる
でも一人で飲むよりはましさ♪

ってな歌です。
名曲でしょ?エコでしょ?(笑)

[PR]
by komupi | 2006-01-02 16:04 | iTunes


<< ベタの世界 今年最初の運試し >>