12人の優しい日本人
WOWOWで『12人の優しい日本人』、オリジナルの『十二人の怒れる男』をやっていました。
2本観れば完璧。
十二人の怒れる男はかなりギスギスした映画なので
女性を入れてコメディタッチにするのは正解ですね。
というか日本人の国民性が笑ってしまう方向に行くのだと思います。
オリジナルの方はもっと深い差別や他民族文化の差を感じるもので
「そこまで怒るか?」ってな感じで
のほほんとした日本人にはあまりピンと来ない部分があると思います。
しかし脚本の勝利ですよね、事件のシーンなど一切なし。
あのスペースで映画を成立させてしまうのが凄い。
ベースがあると簡単と言えば簡単でしょうかやっぱ味付けもいい感じです>三谷幸喜
ジンジャーエールをあんな使い方すると思わなかった(笑)
後はあのピザももうちょっと使ってくれれば良かったんだけどなぁ
前半江口は全然しゃべりませんでした、筒井道隆が良かった。
見に行ってた人から聞いてたけど生瀬と山ちゃんが前に出てくるとキャラがかぶってかなり濃くなったのが残念。
生瀬がトイレ行くのを期待してしまった


舞台を斜めにして観客に観やすいようにしてるんですね。
場面転換は一切無し!



レイアウトは円卓ではなかった。タバコと汗でむせ返りそうです


12人の優しい日本人キャスト
[PR]
by komupi | 2006-01-29 22:22 | 映画・ドラマ


<< アップル-事例-名古屋商科大学 iTMS-J オートリバースで... >>