アップル-事例-名古屋商科大学
基幹サーバをMac OS X Serverで再構築。進化する名古屋商科大学の情報教育環境(Apple)

10年以上前から学生に一人一台のノートパソコンを無償譲渡している名古屋商科大学が、2005年度、更に進化しました。基幹のインターネットサーバをLinuxからMac OS X Serverに切り替えた他、学内に500台ほどある固定端末についてもNetbootによる管理を採用し、より柔軟かつ安定した情報教育環境を実現しています。

名古屋商科大学は積極的にMacを導入している大学としてMacユーザーの間では有名だと思うんだけど
この大学に植草教授が復活したんですね。

いいなぁiBookとsuffleが無償譲渡なんだ〜
って学費から出てるんだろうけど

[PR]
by komupi | 2006-01-31 12:55 | Mac


<< さようならInternet E... 12人の優しい日本人 >>