Intel Mac ユニバーサルバイナリアプリケーションの物色
バンドルされているiアプリケーションはユニバーサルバイナリ化が済んでいますが
常用している小物達の状況を書き込んでおきます。


Default Folder X
またアップデートがあり
現在2.5a8になってます。
必携です。

transmit
こちらも早々と対応してました。
現在3.5.1
このブログを作るのにも一役買ってます。

Sync!Sync!Sync!LE
使いやすいバックアップソフト
何げにiTunesのライブラリはコレでバックアップしてます。
1.95でユニバーサルバイナリ化してました。

GraphicConverter
言わずもがなのGraphicConverter
対応は速かったです。

Jedit X
付き合いの長いJEditも
Universal Binary 対応
Rev.1.33 公開中。

DropLHa
圧縮ソフトですがWindowsの人にデータを送る時に重宝してます。
まずトラブルはありません。
FFにハマってるらしいのでしばらくアップデートはない?

iSquint
ヤバいくらい便利なiSquintもユニバーサルバイナリ化
大抵の動画をQuickTimeにしてくれます。

handbrake
も対応早かったですね。

シイラ
ユニバーサルバイナリ版が先日公開されたばかりのシイラ
超軽いです。
FireFoxはもちろん動くんですがUBのsafariやシイラに比べたら重いんで
UBが出るまでは控えにはシイラを使おうと思います。
[PR]
by komupi | 2006-03-22 00:18 | Mac


<< もう春なんですね すばらしいサムライ野球 >>