ついに来ましたソニー製α
ソニー、同社初のデジタル一眼レフ「α100」発表(デジカメ Watch)

撮像素子は有効1,020万画素CCDで、撮像素子シフト方式のボディ内手ブレ補正機構を搭載する。また、ローパスフィルタ表面にゴミがつきにくい「アンチダストコーティング」を施し、手ブレ補正機構と組み合わせることで、ゴミ対策を行なっている。


画素数はともかくボディ内手ブレ補正が今後このクラスのトレンドになるかな?
もしキヤノンがやったらISレンズと組みあわせたらどんなことになるのだろうか???

それにしてもSONYとαロゴのこの乖離感
何とかならないかねぇ
[PR]
by komupi | 2006-06-07 00:01 | 写真


<< 今週のiTMS-J おいしいプ... 走りをチューンする >>