MacでYouTubeをMyTubeに
YouTubeもかなり黒に近いグレーでアニメがドンドン消えているなんてニュースになっていますが
Macだと意外と簡単に落とせるので紹介しておきます。
とは言ってもYouTubeのビデオその物がクオリティ的に満足出来るもんでもないので使わないんですが

あ、主目的はOSXのハンドリングテクニックの向上ですよ。

使用するソフトはsafariとVLCとiSquint、んでQuickTime Player
safariとQuickTime PlayerはOSX純正なので最初から入ってるし
VLCとiSquintはインターネットで転がっているんで探してください、あえて書きません
ちなみに全部IntelMac対応済み

Capsule - Retro Memoryがあったので試しに

safariで便利なのが「ウィンドウ」メニューの中に「構成ファイル一覧」があり
そのサイトの構成ファイルが一覧出来ることになります→そのまんま
よくswfとか見っけたりしてます。
b0004764_19322667.jpg

ここで明らかに大きいファイルが当りです。なんせムービーデータですので
そしてこのファイル名をダブルクリックするとダウンロードが始まります。
b0004764_1934139.jpg

ダウンロードしたファイルの種類はflashムービーだそうで拡張子はflvだそうです。
Macでは特に意識はしなくていいのですが
これを見るソフトの一つがVLC
ファイルを右クリック(contol+クリック)して開くアプリケーションを選択します
このアプリケーションで開く/その他...
b0004764_1940214.jpg

ポイントは「推奨アプリケーション」ではVLCを選べないので
プルダウンで「全てのアプリケーション」を選ぶ事です。
そしてVLCを選んで開くと
b0004764_1942571.jpg
再生出来ます。
ここで気付くのはビデオの大きさは320×240で早送りなどコントローラーが全く使えない事です。
そして、いきなり終了してしまうファイルなんかもあったりします。
それではあまりにアレなので登場するのがiSquint
このソフト超使えます。もしやと思って使いましたが普通に変換しちゃいました
b0004764_19552337.jpg

変換が終われば普通にQuickTimePlayerで再生、コントロール出来ます
b0004764_1949559.jpg

iPodにも入りますね、音が悪くてヘッドフォンでは聞くに耐えないと思うけど
と、ここまで出来れば
OSX、Webのテクニック向上、ムービーデータのハンドリング、画像、音声圧縮の知識など
いるのか要らないのか解らない知識がちょっとは増えます
これが今回の主目的です。ハイ。

そうそう、さくらのPVみたらビビった
若い頃の山口智子かと思った(^^;)
[PR]
by komupi | 2006-06-17 19:56 | Mac


<< なんでも検定ぃぃ〜〜 W杯中継 >>