日本の翼に乗る!
さて、計画していた。ような、していなかったような
YS-11搭乗計画ですが、実行してまいりました。
旅程は
羽田空港→ANA A321→高知龍馬空港
高知龍馬空港→JAC YS-11→福岡空港
福岡空港→ANA B777→羽田空港

四国だけは何故か行ったことがなかったんですよね
高知龍馬空港に着いてから、福岡までの便は6、7時間あったので
良い機会なので桂浜まで行って龍馬像をみてきました。
カンゲキです。

とりあえず、朝の便が着くのを見ようと展望デッキへ(100円)
10分も待たないうちに着陸してきました。
と、vandsさんと似たようなことをやってきましたが
カラーリングが若干違いますね。
b0004764_23282180.jpg
曇りなのが残念なところ
b0004764_23272326.jpg
b0004764_23275755.jpg
タラップは内蔵型。
シビレるギミックですよね。中にはしましまの棒を持つおね〜さんが仁王立ち
b0004764_23281061.jpg
待ち時間は桂浜まで行ってきました。
日本初の人名空港という高知龍馬空港だそうな。
b0004764_23283070.jpg
自分の乗る飛行機が着陸。やはりしましまの棒を持つおね〜さんが
ギヤ格納部のナンバーをみるとさすがに朝見た機体とは違っていますね。
b0004764_23292593.jpg
b0004764_23465970.jpg
いよいよ搭乗。
「ありがとう日本の翼」良いコピーです。しみるね。
b0004764_23591285.jpg
CAのおね〜さんが持っていた棒は着脱式の手すりだったんです
b0004764_23293511.jpg
席の目の前にはプロペラ。楽し過ぎ!
b0004764_23295517.jpg
上空へ。このカタチ、汚れ、シビレまくり!
b0004764_23511365.jpg
シャッタースビード調節して遊びます。
1/2000。プロペラ止まります。
b0004764_23521492.jpg
キャビンの中。レトロフューチャーって感じ
ちゃんとエアコンも読書灯もあります。カップホルダーは肘掛けの下から引っぱりだす仕組み
CAさんにいわれて思わずへぇ〜っと言ってしまった。
座席は意外と広いんです。手荷物の棚はメチャメチャ小さいです。
b0004764_023313.jpg
b0004764_024775.jpg
b0004764_03292.jpg
天候には恵まれませんでしたが幻想的な雲海を旅する事が出来ました。
b0004764_031241.jpg
水平飛行から高度を落とします。
エンジン音が変わりやや滑空気味に雲の中に突入
b0004764_032530.jpg
ホテルにて
搭乗証明書、絵はがき、キャンペーン応募用紙(一等はラストフライトご案内)
完全に子供ちゃんになって喜んでました。
ホントにこんな楽しい旅客機はない!
[PR]
by komupi | 2006-07-01 00:01 | 写真


<< ツタヤ半額 日本の夜明けと日本の翼 >>