日本の翼に乗る!2 徳島編
b0004764_2394993.jpg
さっそく展望デッキに行きます。
なんと入場料100円
「一日何本やねん!」とツッコみたくなります
b0004764_22415651.jpg
乗って来たYS-11がピット作業中。
なんと高知で乗った機体と同じでした。
国籍及び登録記号 JA8717 製造番号 2092 製造年月日1969.02.18 (旧)愛称 あそ
だそうです。
b0004764_23152461.jpg
かげろうに消えてゆくYS-11
給油などをチャッと済ませまた飛んで行きました。
タフですね。

さて、徳島に付いたとはいえ特に予定もなく、19:00の羽田便にはうなるほど時間があるので渦潮を観に行きました。
「うずしお」とかいう観光バスでもでてるんかいなと思っていたらこれがややこしくて路線バスを乗り継いで大鳴門橋に行きました。
途中寄った観光案内所でバスの時刻表をもらってにらめっこ。
なんとか到着渦潮の道500円
今回初めて知りましたがいつも渦巻いてる訳ではないんです。潮の満ち引きで大きく変わります(当たり前っちゃあ当たり前かぁ)
b0004764_2320841.jpg
大鳴門橋の下。こういう構造体シビレますよね。
b0004764_23195969.jpg
ガラス張りの床が何カ所かあります。高い〜
b0004764_23194864.jpg
食事をとれる所が見当たらないので空港で...
名物タライうどんと鯛寿司
b0004764_23193959.jpg
地ビールの阿波渦潮ビール。
名前もベタですがグラスのデザインも阿波踊り、うず潮、麦と
渦を巻かずにストレートなのがイカします。

っていうかオレ桑野信介のような気がして来た...一人うず潮

羽田へはA300で、明らかにYS-11の方が座席が広いです。
b0004764_23303413.jpg
19:00の便にしたのもまぁこういう理由ですね。
美しかったです。
[PR]
by komupi | 2006-08-10 23:31 | 写真


<< 横浜のサイン ブライト艦長の声優鈴置洋孝さん死去 >>